納品事例07_リブありコンテナケース

プラダンコンテナケースの基本となる、
リブありのコンテナケースです。

コーナー部分にリブがついており
段積みが可能です。

リブありコンテナケース

こちらは穴取っ手が取り付けてあります。
コンテナ取っ手部分のプラダンが貫通しており、
ケースが持ちやすくなっています。

フタなしの仕様ですが、様々なオプションを足すことで
色々な使い道が広がります。

リブありコンテナケース

トラックでの輸送用コンテナや、
工場ラインでの作業用コンテナとして。
ハードな使い方だけではなく
オフィスの棚や倉庫での仕分け作業
取っ手をなくして高さを低くしてトレーにするなどの
簡単な仕様までカバーします。

軽くて様々なサイズがつくれるプラダンコンテナケースは
製造・流通業に限らずアパレル販売の現場から
コンサート照明の機材搬送用ケース
野外フェスティバルのダストボックスまで
様々な分野で活躍しています。

またどんなケースサイズになっても
このコンテナタイプにしておけば
比較的丈夫につくることができますので安心です。

どんな仕様のプラダンケースにするか迷われた場合は
こちらの「プラダンコンテナケースタイプ」をおすすめいたします。

 

【関連リンク】
→コンテナケースの特長はこちら
→コンテナケースの見積フォームはこちら
→プラダン(プラスチック段ボール・ダンプラ)についてとりあえず相談したい方はこちら!

 

カテゴリー: リブありコンテナケース, 納品事例 パーマリンク

コメントは停止中です。