納品事例09_リブありコンテナケース+羽根蓋片側打ち付け

納品事例07でご紹介しました
リブありコンテナケースに「羽根蓋」をプラスしたプラダンケースになります。

リブありコンテナケース+羽根蓋片側打ち付け

プラダンコンテナケースの片側に
マジックテープ付きの蓋をリベット留めで
取り付けたコンテナケースです。

マジックテープ付きなので蓋の開閉が自在に行え
本体と一体なので蓋の紛失も防げます。
(ケースの段積み可能)

ケースが大きくなると蓋を取り付けた側から収納品が取り出しにくくなる欠点はありますが、
1人で取扱いされる程度の大きさ・重量程度のものなら非常にバランスのとれた仕様となります。

リブありコンテナケース+羽根蓋片側打ち付け
プラダンはヒンジ耐性が強いですので繰り返し使用にも適しています。

以上の理由から、
通い箱などで頻繁に収納物を出し入れするような使い方をされるようでしたら
ひとまずこちらのタイプのコンテナケースをおすすめしております。

もしご依頼の際迷われているようでしたら
こちらの仕様をいちどお考えいただければと思います。

 

【関連リンク】
→コンテナケースの特長はこちら
→コンテナケースの見積フォームはこちら
→プラダン(プラスチック段ボール・ダンプラ)についてとりあえず相談したい方はこちら!

 

カテゴリー: リブありコンテナケース+羽根蓋片側打ち付け, 納品事例 パーマリンク

コメントは停止中です。