1. ホーム
  2. プラダンとは
プラダンとは

プラスチックダンボール『プラダン』はポリプロピレン製です。丈夫で長持ち、中空構造で軽く取り扱いが簡単!油や水濡れの心配がある現場での作業におすすめです。

紙製ダンボール プラスチックダンボール
紙ダンボール 何度も蓋を開け閉めする。テープを貼ってはがす。誤って落とす、ぶつける…。使っていくうちにぼろぼろになっていきます。 プラダン 破れない。テープで封を繰り返してもへたらない。油や水に強いので場所を問わず、繰り返し使用が可能になります。

通い箱でランニングコストの削減

ワンウェイで使い捨ての紙ダンボールは、あらゆる商品の梱包資材として使われています。しかし、いま流通の現場では廃棄物の抑制を求める声が高まっています。『使い捨て』の梱包箱を『何度も使うもの』へ・・・。プラダンケースひとつ当たりの単価は割高になりますが、繰り返し使うことでトータルコストは削減されます。

プラダンの特性

中空構造
中空構造シートがストロー状の空洞になっているため、軽さ・鋼性・耐久性・断熱・遮音効果に優れています。
軽量・耐久性
プラダンを使用した箱は、プラスチック成形コンテナに比べ軽量で、紙ダンボールの数十倍の耐久性があります。耐水性・耐油性・耐薬品性により繰り返し使用が可能。計画的な導入により輸送コストの削減や工場内軽作業の作業効率アップに大きく貢献します。
費用対効果
紙ダンボールに比べ初期費用はかかりますが、繰り返し使用が可能な費用対効果の高い梱包資材と言えます。経費削減の目的で普及が進んでいます。

プラダンの種類

プラダンケースは通常5mmから3mm厚のシートで製作いたします。他にも各種厚さのシートがございます。必要に応じて、取り扱いいたします。

取り扱いシート一覧

ケース形状と説明

▼5mm〜3mm
(プラダンケース)
▼1.5mm〜3mm
(養生用など)
▼10mm〜15mm
(大型・重量物用)
1.5〜3mm 1.5〜3mm 10〜15mm
[導電・表面導電シート]
導電・表面導電シート機能性シートとして、導電性プラダンシートを用意しています。静電気を嫌う電子部品や精密機器のケースに最適です。詳しくは『導電性プラダンについて』のページをご覧ください。
[持続性帯電防止シート]
持続性帯電防止シート帯電を防止する機能性シートです。導電シートに比べ、静電対策機能はやや劣りますが、ホコリ対策にはこちらのシートでも十分有効です。

プラダンに関するお見積もりはこちらから!